最適化セミナーのご案内

1.3 サンプルディレクトリの内容

 外部ライブラリの利用サンプルディレクトリです.以下がその一覧です.

  • VC++
    nuoptvcapp.sln VC++のソリューション
    useSolveQP.cpp solveLPsolveQPを用いるサンプルメイン
    useSolveQP/qp312.txt useSolveQP.cpp用データ1
    useSolveQP/qp312I.txt useSolveQP.cpp用データ2
    useSolveQP/knapsack.txt useSolveQP.cpp用データ3
    useSolveQP/hs23.txt useSolveQP.cpp用データ4
    useSolveQP/useSolveQP.vcxproj プロジェクトファイル
    useSolveLP64.cc solveLP64を用いるサンプルメイン
    useSolveLP64/oil.txt useSolveLP64.cc用データ
    useSolveLP64/useSolveLP64.vcxproj プロジェクトファイル
    dll/dll.vcxproj プロジェクトファイル
    dll/dllsamples.xls dllを呼び出すサンプルExcelブック
    loadmodule/loadmodule.vcxproj プロジェクトファイル
    noClass/noClass.vcxproj プロジェクトファイル
    noClass.cpp モデルの記述と実行を分離しないサンプル
    knapsack.smp クラスインターフェーステストモデル
    knapsack.cc genClassにより自動生成されたクラスの実装
    knapsack.h genClassにより自動生成されたヘッダー
    knapsackControl.cc knapsackのコントロール雛形
    main.cpp knapsackSolveのメイン
    driver.cpp knapsackSolveのドライバ
    dllmain.cpp dllのメイン
  • UNIX
    makefile サンプルのmakefile
    useSolveQP.cc solveLPsolveQPを用いるサンプルメイン
    qp312.txt useSolveQP.cc用データ1
    knapsack.txt useSolveQP.cc用データ2
    useSolveLP64.cc solveLP64を用いるサンプルメイン
    oil.txt useSolveLP64.cc用データ
    useClass.cc クラスを用いるサンプルメイン
    QP.smp クラスインターフェーステストモデル1
    qp312.dat QP.smp用データ
    knapsack.smp クラスインターフェーステストモデル2
    useSimple.cc SIMPLEのモデル記述を手続きの中に直接記述する場合のサンプルメイン
    MIP.cc SIMPLEのモデル記述を手続きの中に直接記述する場合の問題記述の例

 

 

上に戻る