最適化セミナーのご案内

5.1.6 GUIでドライバ(コントロールルーチン)やWINAPIを利用する(VC++)

 smpモデルファイルに

%%%%% #include "C:\mysrc\myheader.h" %%%%%

という行を挟めばモデルとコントロールで共通にこのインクルードが行われます.

 この機能を使うと,例えば次のように,WINAPIをモデル定義中に用いることができます.次のモデルはWINAPI(getdate)を用いて,時刻を表示するものです.

//
// 簡単なLP(最適化の実行日付を表示する)
//
Variable x;
Variable y;
// 目的関数
Objective cost(type=minimize);
cost = 180*x + 160*y;
// 制約
6*x + y >= 12;
3*x + y >= 8;
4*x + 6*y >= 24;
// 変数の上下限
0 <= x <= 5;
0 <= y <= 5;

char* getdate(char*);

char chrTime[128];
printf("%s\n",getdate(chrTime));
fflush(stdout);

%%%%% #include <time.h> %%%%%

// C++の関数の定義
char* getdate(char* chrTime)
{
    _strdate(chrTime); // mm/dd/yy形式で日付を文字列に格納
     return chrTime;
}

 

 

上に戻る