最適化セミナーのご案内

6.2 範囲に出力

 最適化の結果をExcelシート上の範囲に出力できます。基本的な操作方法を以下に示します。

 シート上の範囲を選択します。

 モデルツリー上のSIMPLEオブジェクトの右クリックメニューで「選択範囲に出力」をクリックします。

 選択範囲がSIMPLEオブジェクトの出力として登録され、モデルツリーに「出力」ノードが追加されます。

 登録と同時に添字範囲と値範囲が解釈され、それぞれ選択されて表示されます。

 1つのSIMPLEオブジェクトに対して複数の「出力」ノードを登録することができます。有効なノードは太字で表示されます。「出力」ノードの右クリックメニューの「有効化」、「無効化」でそのノードの有効/無効を選択することができます。


 

 

上に戻る