最適化セミナーのご案内

1.3.1 Visual Analytics Platformの場合

 モデルファイルとは別にデータファイル(datまたはcsvファイル)が必要な場合,モデルとデータの連係はVisual Analytics Platform上のフロー図(図1.5)によって行います.


図1.5 Visual Analytics Platform上のフロー図

 例えば次の内容をエディタ領域に記述したとします.

// LP.smp
Variable x, y;
Parameter a, b;
Objective costTotal(type = minimize);
costTotal = a*x + b*y;
6*x + y >= 12;
4*x + 6*y >= 24;
0 <= x <= 5;
0 <= y <= 5;

 この場合には,abがモデルファイルLP.smpのデータであり,これらの具体的な値をデータファイルに記述して,Visual Analytics Platform上のフロー図を用いてモデルと連係する必要があります.

 モデルとデータの連係に関連したデータの入出力については,別途「6Visual Analytics Platform上のデータ入出力について」にて後述します.


 

 

上に戻る