最適化セミナーのご案内

2. エディタについて

 Nuorium のエディタは高度な編集機能を持った MDI ( Multiple Document Interface ) です.エディタに習熟することで効率的な開発をすることができます.

 以下,エディタの役割,エディタの主な機能,そしてエディタ環境の設定方法について説明します.MDI としての主な機能は次のとおりです.

タブエディタ
複数のファイルを同時に編集できます.現在編集中のファイルに関連する情報が,画面下のステータスバーに表示されます.
画面分割
編集画面を縦または横に画面を分割して編集することができます.分割された各画面をペインとよびます.
ペインにはタブエディタが複製されて表示されます.各ペインは同期しており,編集を行うとすべてのペインに反映されます.
画面分割機能を使用することで,複数のファイルや行数が多いファイルをペインに分けて同時に表示できます.
モデル・データ連係との連動
モデル・データ連係画面で構成した連係による最適化計算を実行することができます.
ツールバーの実行ボタンの横にあるコンボボックスから,どのモデル・データ連係で実行するかを指定できます.
プロジェクト未作成時や連係を一つも構成していない状態では,エディタ上に開かれているすべてのデータファイルと現在編集中の SIMPLE ファイルで,モデル・データ連係を構成します.またプロジェクト作成後も,この構成をコンボボックスから指定することができます.

 

 

上に戻る