最適化セミナーのご案内

2.2 エディタの主な機能

 以下にエディタの主要な機能を説明します.これら以外の機能については[メニューバー]→[ヘルプ]→[キーバインド表]を参照してください.

自動インデント
コードブロックを書く際に,タブサイズで選択したサイズで,インデント調整(図2.1)を自動で行います.

図2.1 インデント調整
矩形選択
Altキーを押しながらテキストをマウス選択すると,矩形上に選択(図2.2)することができます.

図2.2 矩形選択
選択領域のコメント化
コメントアウト(またはアンコメント)を行いたい部分を選択し,Ctrl-/またはCtrl-Shift-/をキー入力することで,選択領域をコメントアウト(またはアンコメント)することができます(図2.3).

図2.3 コメントアウト/アンコメント
集中モード
F10キーを押すことで,エディタ領域のみを開いた状態(集中モード)にすることができます(図2.4).なお再びF10キーを押すことで集中モードを解除することができます.

図2.4 集中モード
自動補完
SIMPLEのコードを編集中に自動補完の候補を挙げます.カーソルキー(↑↓→←)で移動し,タブキーを押すことで,補完候補を選択できます.Ctrl-Spaceをキー入力することで,カーソルがある場所の文字列を基に,補完候補を挙げることもできます(図2.5).補完候補を消して通常の入力モードに戻すには,Escキーを入力してください.

図2.5 自動補完
補完候補には次の3種類があります.
  • keyword:VariableParameterなどのSIMPLEのキーワード
  • snippet:SIMPLEで多用される定型文
  • local:ユーザが編集中に入力した文字列
snippetによる補完候補は,図2.6のように補足説明が同時に表示されます.補足説明にはsnippetの内容が記載されています.

図2.6 snippetによる補完
例えばObjective ${1}(type=${2});というsnippetは,ユーザによる${1}${2}への入力を受け付けることを表しています.今の場合に実際にこのsnippetを選択すると,次のように入力されます.
Objective |(type=);
|はカーソルを表していますが,snippetの入力とともに|がある位置にカーソルが遷移します.この位置は${1}の位置になっており,Tabキーを押すことで,次に示すようにカーソルを${2}の位置へ遷移することができます.
Objective (type=|);
そしてこの状態からShift-Tabキーを入力すると,${1}の位置に遷移することができます.
アノテーション
SIMPLEのコードをビルドまたは実行した際,各種出力のstdout.logに編集を行っていたSIMPLEコードの該当行へのリンクが張られることがあります.このリンク情報はエディタの左端に位置する行番号が記されたガター領域にアノテーション(注釈)として表示されます(図2.7).このためアノテーションを表示させるには行番号を表示しておく必要があります.

図2.7 アノテーション
エディタ内ではAlt-EまたはAlt-Shift-Eをキー入力することで,各アノテーションへ現在行からジャンプし,その内容を表示することができます(図2.8参照).

図2.8 アノテーションへのジャンプ
正規表現検索
文字列検索を行う際に[.*]を選択(図2.9)することで,正規表現を用いた検索ができます.

図2.9 正規表現検索
正規表現で使用するメタ文字やその意味などについては,附録「A正規表現」を参照してください.
あいまい検索
文字列検索を行う際に[Aa]を選択しなかった場合(図2.10)には,大文字と小文字を区別しない検索(あいまい検索)ができます.例えばSetと検索した場合に,あいまい検索が有効な場合には,setも検索対象になります.

図2.10 あいまい検索
全文一致検索
文字列検索を行う際に[\b]を選択(図2.11)することで,文字列が全文一致したもののみ検索ができます.例えばVariableと検索した場合に,他にIntegerVariableがあった場合でも,全文一致していないIntegerVariableは候補に挙がらず,Variableのみ検索対象になります.

図2.11 全文一致検索
検索結果の全選択
文字列検索を行って[All]を選択(図2.12)することで,検索結果を全選択することができます.

図2.12 検索結果の全選択
選択領域の折り畳み
任意の領域を選択し,Alt-Shift-LまたはCtrl-Shift-F1をキー入力することで,選択領域にあるコードを折り畳むことができます(図2.13).例えば//によるコメント領域のみをすべて折り畳みたい場合には,正規表現検索で//.*と検索し[All]を押して,検索結果を全選択した後に,選択領域の折り畳みを実行すると,すべて折り畳むことができます.

図2.13 選択領域の折り畳み
なおCtrl-Iによって選択領域を反転することができるので,応用として//によるコメント領域をすべて選択し,Ctrl-Iをキー入力して,選択領域を折り畳めば,//によるコメント領域以外をすべて折り畳むことができます.

折り畳みを解除するには,折り畳まっている部分をクリックしてください.もしくはAlt-Shift-0をキー入力することで,すべての折り畳みを解除することができます.この場合の0キーとしては,テンキーの0キーを利用することができません.
マルチカーソル
Ctrl-Alt-(カーソルキー↑↓→←)をキー入力することで,カーソルをマルチにすることができます.解除にはカーソルを重ねるか,または Esc キーを入力して解除できます.マルチカーソルを使用する場面の例として次を挙げます.

複数行にわたって同一の文字列を入力をする場合
図2.14に示すようにVariableが3行にわたってあったとします.ここでCtrl-Alt-↓-↓などと↓を2回続けて入力してください.すると図2.15に示すように,カーソルが3重になります.このまま図2.16のようにIntegerと入力することで,連続変数の宣言を整数変数の宣言へと一度に置き換えることができます.

図2.14

図2.15

図2.16
離れた位置の文字列を複数選択する場合
図2.17に示すようにVariableが離れた位置があったとします.カーソルをVariableに合わせて,Ctrl-Alt-→-→などと→を2回続けて入力してください.すると図2.18に示すように,離れた位置にあるVariableを複数選択することができます.

図2.17

図2.18
グラフィックドライバでIntel Graphics Controllerをご利用の場合には,こちらの設定が優先され画面が回転する場合があります.マルチカーソルを使用する場合はグラフィックドライバの設定から画面回転の機能を無効に設定してください.
region タグ
region タグをファイルに記述することで,折り畳み領域を指定できます.region タグを書いておくことで,長大なファイルの構造を俯瞰することができます.
region タグの記述は次のように行います.
//#region
Set I;
Element i(set=I);
Variable x(index=i);
//#endregion
//#region//#endregion で囲まれた領域が折り畳み領域となります.
region タグで指定された領域は,予め折り畳まれた状態でファイルを開きます.なお //#region の後にコメントを追記することができます.
//#region 集合
Set I;
Set J;
Set K;
//#endregion

 

 

上に戻る