最適化セミナーのご案内

4.3.2 各種出力の内容

 各種出力の内容は次のとおりです.

stdout.log
NuoriumはSIMPLEのビルドメッセージおよびNumerical Optimizerの実行に伴う標準出力をstdout.logに表示します(図4.5).なおビルドおよび実行を行う度に,表示領域をクリアして最新のログに更新します.

図4.5 stdout.log
stdout.logに表示するメッセージのうち,行番号を記載したメッセージには,Nuoriumがエディタ内の該当行へのリンクとアノテーションを自動で追加します.マウスカーソルを合わせてクリックすることで,該当行にカーソルをジャンプさせることができます.

メッセージには次のレベルがあり,識別しやすいようにそれぞれ色分けをします.
  • エラー(赤)
  • 警告(黄)
  • 情報(灰)
solfile.log
Numerical Optimizerが出力するsolfileを表示します(図4.6).

図4.6 solfile.log
summary.log
求解に要したモデル中の目的関数,変数,パラメータなどを俯瞰することができます(図4.7).

図4.7 summary.log
値の列では求解結果の一部情報を確認できます.添字付けされている場合は“[添字]値”という形式で表示されます.例えば集合$S=\{1,2,3\}$の要素$i$を添字としてもつ変数$x_i$があったとします.
Set S = "1 2 3";
Element i(set=S);
Variable x(index=i);
そしてこのときのx[1]x[2]x[3]についての求解結果が,それぞれ100,200,300であったとすれば,値の列には次のように表示されます.
[1] 100 [2] 200 [3] 300
サイズの列は求解で必要とした数を確認できます.これにより問題の規模を捉えることができます.添字付けされている場合は“総数(各添字の総数)”という形式で表示されます.例えば集合$I=\{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10\}$の要素$i$と,集合$J=\{1,2,3,4,5\}$の要素$j$を添字としてもつ変数$x_{i,j}$があったとします.
Set I = "1 .. 10"; Element i(set=I);
Set J = "1 .. 5"; Element j(set=J);
Variable x(index=(i,j));
このとき変数$x_{i,j}$は全部で$10 \times 5$$50$変数あるので,サイズの列には次のように表示されます.
50(10,5)
message.log
Nuoriumは画面右上に一時的に表示されるメッセージの履歴をmessage.logに表示します(図4.8).

図4.8 message.log
1列目にはメッセージの内容に応じた次の4つのカテゴリを表示します.
  • エラー(赤)
  • 警告(黄)
  • 情報(灰)
  • 成功(緑)
2列目にはメッセージを表示します.
3列目にはメッセージのタイムスタンプを表示します.

 

 

上に戻る