最適化セミナーのご案内

6.3.2 エクスポート先の階層構造

 実行によって求解結果が得られた状況で,エクスポートを行うと次に示す階層構造が自動で生成されます.

  • (エクスポート先に自動生成したフォルダ)/
    • smpファイル(編集対象のモデルファイル)
    • exeファイル(ビルドで生成した実行ファイル)
    • build.log(ビルドに伴うログ情報)
    • jsonファイル(モデル構造の情報)
    • result/
      • solfile.txt(実行結果の情報)
      • progress.txt(実行の進捗情報の要約)
      • result_info.json(実行結果に伴うモデル構造の情報)
      • csvファイル(実行結果の詳細情報)
      • run.log(実行に伴うログ情報)

 

 ビルドや実行が完了しておらず,はじめから存在していないファイルがある場合には,それらは存在しないためエクスポートされません.


 

 

上に戻る