最適化セミナーのご案内

5. 数理計画モデルの構成要素

 以下はSIMPLEを用いて数理計画モデル(モデルファイル)を記述する際の構成要素の一覧です.ここでは全ての構成要素を列挙してはいませんが,大半の数理計画モデルは以下の構成要素の組合せで記述することができます.

構成要素名 SIMPLE内の名称 機能
変数 Variable 変数を表す
目的関数 Objective 目的関数を表す
制約式 Constraint 制約式を表す
定数 Parameter 定数を表す
整数変数 IntegerVariable 整数変数を表す
範囲演算関数 sum, prod $\displaystyle\sum$$\displaystyle\prod$に相当する
Expression 頻出する数式に対して,簡単な別の表現を与える
対称行列 SymmetricMatrix 対称行列を表す
添字 Element 添字を表す
集合 Set 添字の動く範囲を表す
順序集合 OrderedSet 要素間に順序を持つ集合を表す
数列集合 Sequence 等差数列からなる集合を表す
条件式   制約式や代入文を制限する
条件分岐関数 ifelse 区間によって定義が異なる関数を定める際に用いる
初等関数 exp, sin, cos, log ... 初等関数を表す

 

 以下の構成要素はアルゴリズムwcspを用いる場合にのみ使用が可能です(ソフト制約関数,ブール関数はrcpspでも用いる事ができます).

構成要素名 SIMPLE内の名称 機能
離散変数 DiscreteVariable 離散変数を表す
重複不能関数 alldiff 重複不能を表す
選択関数 selection 限定選択を表す
ハード制約関数 hardConstraint ハード制約を表す
セミハード制約関数 semiHardConstraint セミハード制約を表す
ソフト制約関数 softConstraint ソフト制約を表す
ブール関数 Boolean 制約式を引数として,0-1を返す

 

 以下の構成要素はアルゴリズムrcpspを用いる場合にのみ使用が可能です.

構成要素名 SIMPLE内の名称 機能
アクティビティ Activity アクティビティを表す
要求資源 ResourceRequire 要求資源を表す
資源供給量 ResourceCapacity 資源供給量を表す
同一モード順序選択関数 modeOrder 同一モードを選択する
アクティビティ固定関数 fixActivity アクティビティを固定する
アクティビティ固定解除関数 unfixActivity アクティビティの固定を解除する
ガントチャート Gantt ガントチャートを出力する
ステータス RcpspStatus 解の情報を保存する

 


 

 

上に戻る