最適化セミナーのご案内

7.8 アクティビティ固定関数fixActivity

 rcpspにおける変数である,Activity, Activity.startTime, Activity.endTimeの値は,アクティビティ固定関数fixActivityを用いる事で,直前に代入されている値で固定する事が出来ます.

 次の例では,作業aの開始時刻を5に固定しています.

Set A="a b c d";
Activity x(index=i, mode=M);
x["a"].startTime = 5;
fixActivity(x["a"].startTime);

 次の例では,作業b以外の全ての作業の終了時刻を10に固定しています.

Set A="a b c d";
Activity x(index=i, mode=M);
x[i].endTime = 10, i!="b";
fixActivity(x[i].endTime, i!="b");

 fixActivity関数の第二引数で,重みを設定する事ができます.次の例では,作業aの開始時刻を5に固定し,その重みを100に設定しています.

Set A="a b c d";
Activity x(index=i, mode=M);
x["a"].startTime = 5;
fixActivity(x["a"].startTime, 100);

 

 

上に戻る