最適化セミナーのご案内

7.11 ステータスクラスRcpspStatus

 ステータスクラスRcpspStatusを用いる事により,探索終了後の解をファイルにセーブし,次回の探索時に,そのファイルを読み込む事により,探索終了後の解から探索を開始する事が出来ます.

RcpspStatus オブジェクト名; // 宣言
オブジェクト名.save(ファイル名の文字列); // 保存
オブジェクト名.load(ファイル名のモード集合);// 読み込み

 ただし,保存時と読み込み時で,条件に変更があった場合や,ファイルの内容に変更があった場合の動作については,保証されません.


 

 

上に戻る