最適化セミナーのご案内

8.1 データファイルの機能

 SIMPLEでは,定数Parameterの値,集合Sの要素,変数Variableの初期値をデータファイルと呼ばれる外部ファイルから与える事ができます.データファイルにはdat形式データファイル(拡張子.dat),csv形式データファイル(拡張子.csv)の二種類が存在し,それぞれ利用方法が異なります.

 データファイルを用いることで,数値のみが異なる数理計画問題を簡便に扱う事ができます.

 一つのモデルファイルは,複数のデータファイルを利用する事ができます.複数のデータファイルを利用する場合,それらの形式を統一する必要はありません(dat形式とcsv形式が混在していても問題ありません).以下は,モデルファイルmodel.smpとデータファイルdata1.dat, data2.csvをコマンドラインから使用する例です(windows版).

prompt% mknuopt model.smp 
prompt% model.exe data1.dat data2.csv

 データファイルを引数に与える順番は任意です.すなわち,次のコマンドは上記と等価です.

prompt% model.exe data2.csv data1.dat

 同じ対象に対して複数のデータファイルから値を設定した場合,エラーとなります.


 

 

上に戻る