最適化セミナーのご案内

12.1 アルゴリズム共通の出力

 [Problem and Algorithm]で始まるセクションでは,問題の概要が出力されます.PROBLEM_NAMEは「扱うモデルのファイル名」です.この例ではaというモデルを解いています.NUMBER_OF_VARIABLESは「変数Variableの数」です.この例では変数が5個あります.NUMBER_OF_FUNCTIONSは「関数の数」です.ここで言う関数とは,目的関数Objective,制約式Constraint,式Expression全てを意味します.この例では,関数が2個(目的関数1個,制約式1個)あります.PROBLEM_TYPEは問題が最小化問題(MINIMIZATION)なのか最大化問題(MAXIMIZATION)なのかを表示します.METHODは「最適化計算に用いたアルゴリズムの種類」です.この例では線形計画専用内点法(HIGHER_ORDER)を用いています.

 [Result]で始まるセクションでは,最適化計算の結果の概要が出力されます.STATUSは「Numerical Optimizerの計算終了時の状態」です.ここではOPTIMAL(最適)と出力されています.VALUE_OF_OBJECTIVEは「目的関数の値」です.RESIDUALは「反復終了時の最適性条件」の残差,ELAPSED_TIME(sec.)は「求解に要した時間」,SOLUTION_FILEは「出力される解ファイルの名前」を意味します.出力される解ファイルの名前は,環境や設定により異なります.


 

 

上に戻る