最適化セミナーのご案内

13.1 冒頭部分

 解ファイルの冒頭部分には

%%
%%
%%
%% RESULT OF NUOPT #1 
%%
%%
%%
%%

と表示されます.これは1回目の求解結果であることを示しています.solve()を複数回記述した場合,1回目の求解結果の後に2回目以降の求解結果が順に表示されます.

 各求解結果では,標準出力の[Problem and Algorithm]および[Result]で始まるセクションに出力される内容と,同等の情報が出力されます.

 例えば,上記の例題を線形計画専用内点法higherで解いた際の,解ファイルの冒頭部分は,次のようになります.

PROBLEM_NAME                                           sample
NUMBER_OF_VARIABLES                                         3
NUMBER_OF_FUNCTIONS                                         4
PROBLEM_TYPE                                     MINIMIZATION
METHOD                                           HIGHER_ORDER
STATUS                                                OPTIMAL
VALUE_OF_OBJECTIVE                                      -10.5
ITERATION_COUNT                                             7
FUNC_EVAL_COUNT                                            10
FACTORIZATION_COUNT                                         8
RESIDUAL                                     3.903545017e-009
ELAPSED_TIME(sec.)                                       0.02

 上記例題を,単体法simplexで解いた際,解ファイルの冒頭部分は次のようになります.ITERATION_COUNT,FUNC_EVAL_COUNT,FACTORIZATION_COUNTという行が表示されないかわりにSIMPLEX_PIVOT_COUNTという行に単体法の反復回数が表示されます.

PROBLEM_NAME                                           sample
NUMBER_OF_VARIABLES                                         3
NUMBER_OF_FUNCTIONS                                         4
PROBLEM_TYPE                                     MINIMIZATION
METHOD                                                SIMPLEX
STATUS                                                OPTIMAL
VALUE_OF_OBJECTIVE                                      -10.5
SIMPLEX_PIVOT_COUNT                                         3
RESIDUAL                                     2.340507908e-016
ELAPSED_TIME(sec.)                                       0.02

 上記例題において変数をすべて整数変数に直した問題を,分枝限定法+単体法simplexを用いて解いた場合,分枝限定法の部分問題の数PARTIAL_PROBLEM_COUNTが出力されます.分枝限定法を行った場合にRESIDUALが表示されないのは,整数解においては最適性条件(連続変数を仮定)が充足しているとはいえないので,RESIDUALの値が目的関数値の正しさを示す尺度とはならないためです.

PROBLEM_NAME                                           sample
NUMBER_OF_VARIABLES                                         3
(#INTEGER/DISCRETE)                                         3
NUMBER_OF_FUNCTIONS                                         4
PROBLEM_TYPE                                     MINIMIZATION
METHOD                                                SIMPLEX
STATUS                                                OPTIMAL
VALUE_OF_OBJECTIVE                                        -10
SIMPLEX_PIVOT_COUNT                                         4
PARTIAL_PROBLEM_COUNT                                       1
ELAPSED_TIME(sec.)                                       0.01

 

 

上に戻る