最適化セミナーのご案内

15. パラメータ設定

 パラメータは,Numerical Optimizerの求解動作をより細かく制御するためのものです.パラメータを利用することにより,アルゴリズムの選択や,標準出力の制御,終了条件の調整などを行う事ができます.SIMPLEモデルに出現する定数クラスParameterとは無関係です.パラメータを設定する方法には次の三通りの方法があります.

  1. モデルファイル中に記述する
  2. パラメータファイルnuopt.prmに記述する
  3. GUIで用意されているパラメータアイコンを利用して指定する

 コマンドラインからNumerical Optimizerを利用する場合,1もしくは2の方法を用いることができます.一方,GUIからNumerical Optimizerを利用する場合,1もしくは3の方法を用いることができます.

 パラメータの中には,2の方法でしか利用できない種類のものも存在します.

 パラメータ指定が競合した場合,パラメータファイルnuopt.prmから指定する方法もしくはパラメータアイコンを利用した指定の方が優先されます.

 最後に,3の指定方法に関してはVisual Analytics Platformにてご確認ください.


 

 

上に戻る