最適化セミナーのご案内

16.1 MPSファイルに対する標準出力

 MPSファイルに対する求解コマンドnuoptを実行すると標準出力に計算の進行が表示されます.

prompt% nuopt ex1.mps
[About Numerical Optimizer]
MSI Numerical Optimizer x.x.x  (NLP/LP/IP/SDP module)
         <with META-HEURISTICS engine "wcsp"/"rcpsp">
         <with GLOBAL-OPTIMIZATION add-on "global">
         <with DERIVATIVE-FREE-OPTIMIZATION add-on "DFO">
        , Copyright (C) 1991 NTT DATA Mathematical Systems Inc.

[Reading MPS file: ex1.mps]
MPS_FILE_NAME                                         ex1.mps
PROBLEM_NAME(TITLE)                                  example1
ROWS                                                        4
COLUMNS                                                     3
NONZEROS                                                   11
OBJECTIVE                                                   f
RHS                                                         b

[Problem and Algorithm]
NUMBER_OF_VARIABLES                                         3
NUMBER_OF_FUNCTIONS                                         4
PROBLEM_TYPE                                     MINIMIZATION
METHOD                                           HIGHER_ORDER

[Progress]
<preprocess begin>.........<preprocess end>
<iteration begin>
    res=2.6e+001 .... 1.6e-004 . 3.9e-009
<iteration end>

[Result]
STATUS                                                OPTIMAL
VALUE_OF_OBJECTIVE                                      -10.5
ITERATION_COUNT                                             7
FUNC_EVAL_COUNT                                            10
FACTORIZATION_COUNT                                         8
RESIDUAL                                     3.903545017e-009
ELAPSED_TIME(sec.)                                       0.00
SOLUTION_FILE                                         ex1.sol

この出力中以下の部分:

[Reading MPS file: ex1.mps]
PROBLEM_NAME(TITLE)                                     example1
ROWS                                                           4
COLUMNS                                                        3
NONZEROS                                                      11
OBJECTIVE                                                      f
RHS                                                            b

はMPSファイルを読み込むインタフェース部分からのメッセージで,MPSファイルのNAMEセクションにあるタイトルexample1,ROWSセクションで指定された行の数(4),COLUMNSセクションで指定された変数の数(3)と総非零要素数(11),目的関数の行の名前(F)と右辺ラベル(B)を示しています.

 以降の標準出力はSIMPLEモデルに対してNumerical Optimizerを適用した場合と同じです.詳しくは12標準出力をご覧ください.


 

 

上に戻る