最適化セミナーのご案内

16.3 MPSファイルに対するパラメータ設定

 MPSファイルに対しても,パラメータを用いて各種設定をすることができます.MPSファイルに対する情報をパラメータで指定するには,パラメータファイルnuopt.prmを用いる方法のみが提供されています.MPSファイルに特有のパラメータとして,以下が提供されています.

  • 最小化,最大化の指定
    MPSファイルから読み込んだ問題を目的関数の最小化問題/最大化問題のいずれとして解くかを指定します.MPSファイルの初期設定は最小化ですので,最大化問題として特には,明示的に指定する必要があります.
    maximize
  • 各種ラベル名
    これらはMPSファイル中に複数のRHS/BOUNDS/RANGE/目的関数行があるとき,実際の計算で用いるものを指定します.
    デフォルトでは最初に現れたものとなります.
    mpsfile:rhs = 文字列   (RHS ラベル名)
    mpsfile:bou = 文字列   (BOUNDS ラベル名)
    mpsfile:ran = 文字列   (RANGE ラベル名)
    mpsfile:obj = 文字列   (目的関数行ラベル名)
    上記に関して該当するラベルを持つものが存在しない場合には,以下のようなエラーが出力されます.
    (MPS FILE 13) Specified rhs: RHS データラベルnot found
    (MPS FILE 11) Specified bound: BOUND データラベル  not found
    (MPS FILE 15) Specified range data: RANGE データラベルnot found.
    (MPS FILE 12) Specified objective: 目的関数行名not found

 

 

上に戻る