最適化セミナーのご案内

16.7.2 MPSファイルへの変換機能使用時の注意

 前節で述べたMPSファイルへの変換機能を用いる場合には,以下の点に注意をする必要があります.

  • 変数名,関数名
    MPSファイルの変数名は文字数の制限がありますので,変数名は一律X1,X2,...,関数名はF1,F2...という名前に変更されます.これらの名前とSIMPLE内部で付けた名前との対応は出力されるMPSファイルの先頭部分に,次のようにMPSファイル書式のコメントの形式で記述されます.
    VARIABLE NAME (MPSFILE - original)
                                
    X1          -   var[1]
    X2          -   var[2]
                        ...
    
    FUNCTION NAME TABLE (MPSFILE - original)
    
    F1          -   obj
    F2          -   NONAME
           ...
  • 最大化/最小化
    最大化問題は最小化問題に変換されます(目的関数の符号が反対になります).
  • 問題規模の制限
    変数,関数のいずれかが9999999個以上の問題は出力できません.

 

 

上に戻る