最適化セミナーのご案内

18.3.3 三次元以上の場合

 三次元以上の添字を持つ場合,一部にElementが直接付随している場合であっても,残りの部分に二次元以上の箇所が残る場合は,ダブルクォート"で囲む必要があります.

Set S="p q";
Set T="1 2 3";
Set U="r s"
Element i(set=S), j(set=T), k(set=U);
Parameter a(index=(i,j,k));
a["p,1,r"] = 2; // 全体を"で囲む
a["p,1",k] = 3; // 一部"で囲む
a["p",j,"r"] = 4; // 文字のみ"で囲む
a[i,"1,r"] = 5; // 一部"で囲む
a[i,j,"r"] = 6; // 文字のみ"で囲む
a[i,1,k] = 7; // "で囲まなくて良い
a["p",j,k] = 8; // 文字のみ"で囲む
a[i,j,k] = 9; // "で囲まなくて良い

 

 

上に戻る