最適化セミナーのご案内

3.1.1 Nuoriumを用いる方法

  1. SIMPLEモデルを記述する
    Windowsのスタートメニューから「すべてのプログラム」→「MSI Solutions」→「Nuorium」注1を選択し,Nuoriumを起動します.表示された画面の真ん中のパネルに以下のようなモデルを記述し,メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」で適当な場所にファイル名foo.smpとしてファイルを保存します.
    // 集合
    Set S, T;
    Element i(set=S), j(set=T);
    
    // パラメータ
    Parameter c(name="c", index=j);
    Parameter cu(name="cu", index=i);
    Parameter cl(name="cl", index=i);
    Parameter A(name="A", index=(i,j));
    Parameter bu(name="bu", index=j);
    Parameter bl(name="bl", index=j);
    
    // 変数
    Variable x(name="x", index=j);
    
    // 最小化
    Objective f(name="目的関数", type=minimize);
    f = sum(c[j] * x[j], j);
    
    // 条件
    cu[i] >= sum(A[i,j] * x[j], j) >= cl[i];
    bu[j] >= x[j] >= bl[j];
  2. データを作成する
    モデルに与えるデータを作成します.メニューの「ファイル」→「新規作成」→「dat」を選択し、真ん中のパネルに以下のようなデータを記述し,メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」で適当な場所にファイル名data.datとしてファイルを保存します.
    c = [1] -3 [2] 1;
    cu = [1] 1000 [2] 1000 [3] 1000;
    cl = [1] -1 [2] -2 [3] 2;
    A =
    [1,1] -1   [1,2] 0.1
    [2,1] -0.2 [2,2] -1
    [3,1] 2    [3,2] 1
    ;
    bu = [1] 1 [2] 2;
    bl = [1] 0 [2] 0;
  3. 最適化計算を行う
    最後に,foo.smpタブをアクティブにして画面左上の「実行」ボタンを押すとNumerical Optimizerが計算を開始し,画面左のパネルにモデル情報,画面右のパネルに各種出力が表示されます.

注1)Windows7では「すべてのプログラム」→「MSI Solutions」→「NUOPT」→「Nuorium」


 

 

上に戻る