トップ > 数理計画用語集 > C 言語

数理計画用語集

C 言語

読み:しーげんご
関連C++

C 言語は 1972 年に AT&T ベル研究所の Dennis M.Ritchie が開発したプログラミング言語であり,同研究所の Ken Thompson が開発した B 言語を拡張したものである.UNIX オペレーティング・システムの主力言語として開発された経緯があり,UNIX を高い移植性をもつ OS に育て上げた.プログラミング言語としては低級言語・手続き型言語・コンパイラ型言語に分類される.他のプログラミング言語と比較するとメモリ管理や型の整合性をプログラマの責任の範疇としていることもあり,高い汎用性と軽量さを兼ね備えている.また,C 言語はオブジェクト指向プログラミングをするための設計はされていなかったため,C 言語の後継はオブジェクト指向プログラミングを意識して作られた.同研究所の Bjarne Stroustrup により 1980 年にクラス機能を追加した C with Classes が,1983 年には C++ に拡張された.また,C 言語は自身の拡張をするだけでなく,多くの高級言語の実装にも利用されていることは注目すべきである.

C 言語のリファレンスとしては Brian W.Kernighan と Dennis M.Ritchie によって1978 年に書かれた「THE C PROGRAMMING LANGUAGE」,通称「K&R」があり,現在でも根強い人気がある.日本語版では「プログラミング言語 C -- ANSI 規格準拠」というタイトルで共立出版から発行されている.C 言語の規格は「K&R」に始まり,ISO,ANSI による標準化がなされている.近年 C99 という規格が出ているが当初の C の規格とはずいぶん異なる性格をしているため取扱いには注意すべきである.