トップ > 製品概要 > NUOPT の更新情報 > NUOPT V14 の更新情報

NUOPT V14 の更新情報

NUOPT V14 の新機能等を紹介いたします。

  1. マルチコア環境を活かした分枝限定法の並列化
  2. 新しい非線形最適化アルゴリズムの実装
  3. モデリング言語 SIMPLE の機能追加
  4. GUI の刷新

1. マルチコア環境を活かした分枝限定法の並列化

整数計画問題に対する分枝限定法エンジンに、マルチコア環境を活かした並列化オプションを導入しました。

2. 新しい非線形最適化アルゴリズムの実装

ペナルティ関数を用いない、新しい非線形最適化のアルゴリズム SLPSQP が導入されました。 有効な制約を仮定して計算を進めるという性質上、問題によっては NUOPT の内点法よりも高精度で解が求まります。 内点法の解と結果を比較して解の一意性を確認するなどのご利用も可能です。

3. モデリング言語 SIMPLE の機能追加

for 文を使わず、漸化式を用いた値の定義が可能になりました。 値を評価する部分の省メモリ化・高速化もあわせて達成されています。

4. GUI の刷新

Excel との連携機能など操作感はそのまま、実装を刷新し、 (株)数理システムのマイニングツール Visual Mining Studio や金融工学支援ツール FIOPT と共通のプラットフォーム Visual Analytics Platform(略称 VAP)上で動作するようになりました。 グラフ描画が強化、データハンドリングのための機能も追加されています。