トップ > ソリューション > マーケティングソリューション

マーケティングソリューション

具体的な応用例はこちら。

マーケティング分野における最適化の位置づけ

マーケティング戦略で成果を上げるには大きく2つのステップが必要になります。

データの分析

1つめのステップは「データの分析」です。 近年様々な方法でデータは取得され、どこの企業も膨大なデータを蓄えています。 POS データやアクセス解析データ、顧客(会員)データ等は当然所持しているだけでは 意味がありません。それらのデータを分析することが大事です。データマイニングや統計解析等 を駆使してデータから様々な情報を抽出することが出来ます。NTT データ数理システムはこれらに対しても Visual Mining Studio S-PLUS CRM Insight といったパッケージを提供しています。
しかしながら、データを分析することがマーケティング戦略におけるゴールではありません。

意思決定

2つめのステップは「意思決定」です。データを解析して、例えば以下のような情報を知りえたとします。

データマイニング・統計解析の分析の結果、上記のような情報が定量的に大量に整理されたとします。 そこからどのように具体的な広告配信計画(いつ?どの製品の広告を?どの広告媒体に?どれくらいお金をかけて?) を立てるでしょうか。1つ単純な方法としては「感度(効率)のよさそうな広告媒体から優先に割当てる」という ことが考えられます。この方法は「必ずしもよい結果になるとは限らない」「予算やその他実務上の都合を守れる 保証はない」といった欠点があります (ナップサック問題参照)。計画立案の意思決定を合理的に行うための強力な方法の1つが 最適化ソリューションです。

計画立案の意思決定と最適化ソリューション