トップ > ユーザーサポート > 累積修正パッチ > NUOPT V12 用累積修正パッチ

NUOPT V12 用累積修正パッチ

注意 : 本パッチは NUOPT V12 用です。NUOPT V12 以外をお使いの方は本パッチを適用しないでください!

本ページでは、2010 年 3 月 1 日にリリースされた NUOPT V12.1.0 で発見された不具合を修正するパッチに関する情報を掲載しております。

累積修正パッチの詳細な情報

本パッチでは次の不具合の修正がされています。

下界値が上界値を上回る場合がある

求解途中の下界値の表示が上界値を上まわるケースが確認されました。数値的な丸め誤差が原因と判明し、修正されています。

混合整数線形計画問題でオプション feasibility pump を指定した場合に実行時エラーの場合がある

混合整数線形計画問題に対応する feasibility pump を実行した場合(options.feasPump = 1 と設定した場合)に大規模問題で NUOPT が整数解を返さず、
    <<NUOPT 14>> integrality is violated.
というエラーになるケースがあり、修正いたしました。

混合整数線形計画問題で実行時エラーで終了する場合がある

混合整数計画問題において、目的関数の係数が計算によって零となる変数が存在する場合、
    NMAKE : fatal error U1077: 'LP.exe' : リターン コード '0xc0000094'
というような実行時エラーで終了するという不具合を解消しました。

半正定値計画問題で計算が途中終了する場合がある

非線形な半正定値計画問題を一回の実行で複数回連続して解くような場合、計算が途中終了してしまう不具合を解消しました。

アルゴリズム WCSP のオプション wcspPhaseOneMaxtime を指定した場合に旧版と挙動が異なる

WCSP の起動時に実行可能解発見までの時間を制約するパラメータ(wcspPhaseOneMaxtime) を設定した際の挙動が旧版と異なり、実行が途中終了してしまう問題を解消しました。

Windows のユーザ名に特定の文字を使用している場合に、NUOPT GUI 上でモデルのビルドに失敗する

Windowsのユーザ名に特定の文字を使用している場合に、NUOPT GUI 上でモデルのビルドに失敗するという不具合があり、修正しました。
(注) 特定の文字とは、シフトJISコードで、2バイト目に「5C」のコードが使われている文字になります。

累積修正パッチの適用方法

本パッチの適用方法につきましてはこちらのダウンロードページをご覧ください。