トップ > 適用事例紹介 > 窓口の要員計画

窓口の要員計画

背景

官庁・郵便局・銀行・駅など社会には、多種多様な窓口が存在します。 これらどの窓口にも共通しますが、窓口が混雑している場合にはお客 様はサービスを受ける為に行列に並びます。 この待ち時間が長くなってしまうと、お客様の満足度の低下を招いて しまい、売り上げにも影響が出てしまう可能性があります。 お客様一人あたりの待ち時間をある時間以内に抑えるように、窓口の 要員配置を考えるには、シミュレーションが最適です。


列に並んでいる様子

背景

官庁・郵便局・銀行・駅など社会には、多種多様な窓口が存在します。 これらどの窓口にも共通しますが、窓口が混雑している場合にはお客 様はサービスを受ける為に行列に並びます。 この待ち時間が長くなってしまうと、お客様の満足度の低下を招いて しまい、売り上げにも影響が出てしまう可能性があります。 お客様一人あたりの待ち時間をある時間以内に抑えるように、窓口の 要員配置を考えるには、シミュレーションが最適です。


窓口

窓口の混雑状況をシミュレーション

離散イベントシミュレーションを用いて、実際に混雑状況をシミュレ ーションしてみます。 来店者数や来店時刻などのデータが存在していれば、そのデータを用 いる事で、より精度の高いシミュレーションを行えます。 来店者数データは過去のデータから統計的に予測したデータを用いる 事も考えられます。(以下、図をクリックすると拡大します。)


モデル

要員数を増減させた場合やベテランを配置した場合の効果を、待ち人 数の推移や、お客様一人あたりの平均待ち時間から検証し、窓口に必 要な要員計画を行います。


グラフ

要員配置最適化

窓口の要員を増やせば増やすほど混雑は解消されますが、窓口の要員 を増やすにはコストがかかってしまいます。 一定のサービスレベルを確保し、かつコストが最小となるような最適な 要員配置を S4 Simulation System ではシミュレーション最適化 機能によって効率的に探索します。