1. HOME
  2. ソリューション
  3. インターネットマーケティング

インターネットマーケティング

1. インターネットマーケティングとは

多くのユーザーに自社の商品を認知させ、最終的なアクションに導くには、様々な施策、媒体を総合的に駆使し、企業の目的に沿ったマーケティングを実施することが重要です。社会に広く浸透するにつれ、インターネット上での商品やサービスのマーケティング(インターネットマーケティング・Webマーケティング)は必要不可欠になっています。各企業は競いあってインターネット上で以下のような様々なマーケティング施策を行っています。

  • 直接マーケティング(メディア別)
    • 広告(Webページや検索結果に付随した企業広告・宣伝・リンクなど)
    • メール配信(ダイレクト電子メールなど)
    • レコメンデーション(書籍・映画から飲食店まで様々なおすすめ商品)
  • 間接マーケティング
    • SEO(適切な検索キーワードにかかりやすくする最適なWebコンテンツ設計)
    • 自社Webページ(魅力的なコンテンツ設計・スムーズな閲覧ができるページ構成)

2. インターネットマーケティングの特徴

インターネットマーケティング特有な性質として以下の様なものがあります。

  • アクセスログ、コンバージョン情報、ユーザー属性情報などのデータの取得が容易
  • 対象ユーザーやメディアに応じた柔軟かつきめ細かな設定が可能

このような性質から、データ分析結果を施策に反映したり、新たな施策を実施してABテストにより従来の施策と比較し、良し悪しを評価したりすることが容易です。

3. インターネットマーケティングにおける数理科学の適用

インターネットマーケティングにおいては積極的にPlan(計画), Do(実施), Check(評価), Act(改善)のPDCAサイクルを繰り返すことにより業務フローを改善していくことが重要です。最も合理的な意思決定するためには、PDCAサイクルの各フェーズおける数理科学の適用が必要不可欠であるというのが業界の共通認識となりつつあります。

施策効果の推定

無限とも言えるインターネットマーケティングの施策から最大の効果を上げるような施策を見つけ出すには、ユーザーやメディアの特徴を理解することが必要不可欠です。ユーザーやメディアは膨大に存在するため、人手で1つ1つ確認していくのは困難であり、データマイニング技術の適用が必須です。

株式会社NTTデータ数理システムでは長年の経験から、様々なデータマイニング技術を保有しており、これらを駆使することで、過去の施策結果を元に、ユーザー別に施策の効果を推定することが可能です。

最適施策の立案

データマイニング技術を用いることにより、個々の施策が持つ効果を把握することは可能ですが、実務上はコスト等の制約が常に付きまといます。このような様々な制約の中で最大の効果をもたらす施策を選び出すためには、最適化技術が有効です。また、どの施策にも長所短所がありますので、リスクを最小限に抑え、安定した施策効果を得るためには、複数施策のポートフォリオを組むことが必要です。株式会社NTTデータ数理システムの持つ最適化技術を利用することにより、上記のような最適な施策を立案することが可能となります。

施策のシミュレーション

データマイニング技術や最適化技術の活用により最適な施策が立案できたとしても、実際の運用においては必ず何らかの不確定要素に起因する誤差が発生します。そのため、施策が不確定要素にどれほど強いか(ロバストか)を予め評価することは非常に重要です。これにより、効果が高く、かつ、不確定要素に影響を受けにくい安定した施策の実施が可能になります。株式会社NTTデータ数理システムの持つシミュレーション技術を駆使することにより、予め誤差を含む環境を再現し、施策のロバスト性を評価することが可能です。