[(株)数理システム]

(S-PLUS) S-PLUS mini course 第17回


S-PLUS mini course の17回目をお届けします。

まず最初に以前にも弊社からお知らせをしています通り、S-PLUS ユーザーカンファレンスを開催いたします。

**************************************************
日時:11/28 10:00-17:00
場所:虎ノ門パストラル
詳細は
http://www.msi.co.jp/splus/events/2003/uconf03.html
をご覧ください。
プログラムもご参照いただけるようになりました。
**************************************************

参加費無料(懇親会ともども)ですので、ぜひぜひいらしてください。

さて、前回は Trellis グラフ関数の引数 panel についご説明しましたが今回は、それ以外のいわゆるグラフパラメータをどのように設定するかについてご説明します。

Trellis ではない、普通のグラフで色を変えたり、点の形を変えたりするときには、グラフ・パラメータを指定しました。これらは関数 par のヘルプで一覧することができて、例えば、

などがありました。

基本的に、これらのパラメータを Trellis 関数内で指定することができます。

通常のグラフ関数の中で指定することができた、例えば log という引数ですが、これは、グラフの軸を対数軸にするための引数で log="xy" などと指定することができるのですが、これを Trellis に当てはめるとエラーになります。Trellis には Trellis 固有の引数があり、これらは help(trellis.args)で調べることができます。

軸を対数にするのは、ここにある scales を用い、

xyplot(Fuel ~ Weight | Type, data=fuel.frame, scales=list(log=T))

とします。scales の引数はまたその要素がたくさんあるのでリストにする必要があります。リストの要素として、上のヘルプにある scales の 項目=値 を持たせます。

では、Y軸のみ対数にするときはどうすればよいでしょうか?前の例では、両対数グラフになってしまいます。その場合は

xyplot(Fuel ~ Weight | Type, data=fuel.frame, scales=list(y=list(log=T)))

と、scales の引数を x あるいは y という名前を持つリスト(その要素はやはり 項目名 = 値 となります)とします(ちょっとややこしいですね)。

ところで、Windows 版の S-PLUS をご利用の場合、グラフ・ウィンドウが開いていない状態で xyplot などとされると、背景がグレイになって いることがあるかもしれません。また、通常のグラフの場合、1つのグラフ・ウィンドウに2つのグラフを並べて表示させる場合 par(mfrow=c(1,2)) などとしておくと、うまく表示できたのですが、Trellis ではこれがうまく いきません。この2つの謎について、次回ご説明したいと思います。お楽しみに。

----------------------------------------------------------------

? お問い合わせ/資料請求はお気軽に。
(株)数理システム《S-PLUS》グループ <splus-info@msi.co.jp>