[(株)数理システム]

(S-PLUS) S-PLUS mini course 第2回


前回のメールでは、データ・フレームについて触れました。簡単にまとめますと、

データ・フレームは突き詰めると、「各要素が同じ長さのベクトルであるリスト」であることがいえます。

では、前回予告した通り、行列とデータ・フレーム、形の似通った2つのデータ形式を利用した便利な関数に触れましょう。

*********** 今回の関数 *****************
apply
***************************************

apply は、行列、データ・フレームで 

たとえば、S-PLUS のサンプルデータ・フレーム air を使って、計算 して見ましょう。

> apply(air, 2, mean)
    ozone radiation temperature       wind
3.247784 184.8018      77.79279 9.938739

と、air の各列ごとの平均が、ベクトルとして求まります。

です。さらに細かい話を次回の S-PLUS mini course で取り上げ たいと思います。

----------------------------------------------------------------

? お問い合わせ/資料請求はお気軽に。
(株)数理システム《S-PLUS》グループ <splus-info@msi.co.jp>