3.4 GeoStatisticalデータのシミュレーション


自己相関の構造が分かっている地球統計データの発生。関数 rmsim を使う。引数にはグリッドを与える行列、共分散関数の型、レンジ、シル、ナゲット効果などを与える。

次へ 戻る

ご意見、ご感想はNTTデータ数理システムS-PLUSグループ <splus-info@msi.co.jp>