[株式会社 NTTデータ数理システム]

第1章 S-PLUSの概要


1.1 S-PLUSの操作

WindowsよりS-PLUSの呼び出しとグラフィックス・デバイスの使用、およびS-PLUSの終了

  1. スタートをクリックする
  2. プログラム(P)で S-PLUS for Windows を選択すると次のようなコマンドウインドウが開く
  3. S-PLUSのプロンプト>に続き、式を与えて処理を行う。
  4. グラフィック画面の表示。
    > win.graph()
    (注) アンダーラインは入力、#記号以下はコメント
  5. グラフィック画面の消去
    > graphics.off()
  6. S-PLUSを終了してWindows画面に戻る。
    > q()

次ページへ進む 前ページへ戻る 目次へ

(C) 中村 健二郎 1997

----------------------------------------------------------------

ご感想の宛先は、株式会社 NTTデータ数理システム《S-PLUS》グループ <splus-info@msi.co.jp>