Visual Mining Studio トップ > ニュースリリース > 2012.02.15

VMStudio,BNModule,VAP Web Server,VMXの最新版をリリースいたします!

(画像をクリックすると拡大します)

VMStudio 7.1の新機能一覧

意思決定支援のより広い舞台を提供するため、Visual Mining Studio(VMStudio)のビジュアルプログラミング機能部分は、バージョン7.1から、さらに強化された基盤機能Visual Analytics Platform(VAP)に生まれ変わりました。Visual Mining Studio自身はデータ解析・マイニング機能に特化したVAPのパッケージになりました。オブジェクトブラウザの構成は旧製品から若干の変更はありますが、従来通りデータ解析・マイニング作業を行うことはもちろん、いままで作成されたプロジェクトもこれまでと同様に利用することが可能です。

これにより、例えばマイニングと最適化を1つの分析プロジェクトに組み込むことができるようになり、従来よりも多くの観点から意思決定することが容易になりました。

欠損補填

K-Means-EM法という弊社独自の手法を用いて、欠損データの値を高精度に予測、補填します。

欠損補填

パラメータ毎実行

フロー上のアイコンのパラメータを設定し、すべてのパラメータの組み合わせを一度に実行するためのアイコンです。1回実行するごとにパラメータを手動で再設定して実行するのに比べ、手間を大きく減らすことができます。

パラメータ毎実行

optimize関数

組合せ最適化問題の近似解を高速に求めることができるスクリプト関数です。モデルのパラメータチューニングなどの問題に適用することができます。

組合せ最適化

大規模データでのパフォーマンス向上

二項ソフトクラスタリング

大規模データへの対応を行いました。また、分析結果を見やすい形式に変更しました。

その他(ユーザビリティの向上)


BNModule 2.0 の新機能

Negative Evidenceを設定した推論

これまでの推論では通常、起こりえる状態を Evidence として与えることしかできませんでしたが、起こりえない状態を与えて推論を行うことができるようになりました。


Visual Analytics Platform Web Server 1.0.0の新機能

VMStudioのビジュアルプログラミング機能部分をVisual Analytics Platformと名づけたことに伴い、従来(0.9.3以前)のVisual Analytics PlatformVisual Analytics Platform WEB Serverと改名されます。

バッチ実行機能追加

Internet Explorer 9などの最新ブラウザへの対応

インストールパスに日本語を含む場合への対応

分析メニュー名によるサマリの表示絞り込み機能追加


VMX 1.0.0 の新機能

モデルチューニング機能

自動的に最適なモデルのパラメータを探索する機能が追加されました。決定木、ニューラルネットワークモデルのパラメータ探索に対応しています。

モデルチューニング