1. HOME
  2. 製品
  3. Visual R Platform
  4. ver.1.7 新機能紹介

Visual R Platform ver.1.7 新機能紹介

アイコンの改良

以下のアイコンが改良されました。

  • マージ
    単一参照によるマージにおいて、参照元の行順序を保持できるオプションが追加されました。

    従来は、単一参照によるマージを行った際、結果がキー列で自動的にソートされました。
    新たなオプションにより、参照元データの行順序を保持することが可能になりました。


  • 一般化線形回帰(Elastic Net)
    交差検証(Cross Validation)時の乱数シード設定が追加されました。 交差検証においては、検証用データの分割が乱数により行われます。そのため、実行 毎に結果が異なる可能性がありました。 乱数シード設定機能により、結果の再現が容易に行えるようになりました。

その他

多数の不具合が修正されました。