トップ > 適用事例紹介 > 人流シミュレーション

人流シミュレーション

背景

イベント会場近くの歩道や、駅・ショッピングモールのような大規模施設のように人が集まる空間では、各人がそれぞれの目的地に向かう事で、人の流れが起こります。この時、発生する問題点としては、

等があげられます。
そこで、シミュレーションで人の流れを分析し、事前に施策を検討しておく事は非常に重要です。 具体的な施策には、非常灯やサインシステムを適切に配置し、人の流れをスムーズにする事や、警備員を適切に配置し、事故の発生を防ぐ事等が考えられます。

イベント終了時の帰宅をシミュレーション

S4 Simulation Systemで、実際にイベント終了時の人の流れをシミュレーションしてみます。下の動画は神宮球場でのイベントが終了し、イベント参加者が駅に向かう様子をシミュレーションしています。



このモデルでは、背景地図上に描画したネットワーク上をエージェントが移動し、混雑が推移する様子をシミュレーションします。エージェントは中央のスタート地点(神宮球場)から発生し、付近の駅の いずれかに向かって移動します。各エージェントは目的地まで最短経路を志向して、確率的に経路を選択するため、同じ目的地でも複数の経路で向かう様子が見られます。また、モデルに下のような細かい条件を化す事で、現実を精緻に再現しています。

  • 人口密度に応じて歩行速度を決定するモデル(Greenbergモデル)を採用して、混雑時の速度低下を表現
  • 一部エッジについては周期的に侵入可能/不可能の切り替え、ナイター終了後の交通整理の様子を再現
  • エージェントの経路選択時に、過度に混雑している道路は避ける仕組みにより、混雑が自然に分散
  • 新宿区周辺のシミュレーション

    さらに広域な新宿区周辺の人流シミュレーションをしている様子が下の動画です。




  • 歩行者の移動の様子をシミュレーションし、人口密度をヒートマップで可視化しています
  • 地図情報はOpenStreetMapのものを使用しており、S4の機能で緯度経度で範囲指定するだけで取り込むことができます
  • 複数の鉄道駅を人流発生地点とし、その位置(緯度経度)および単位時間あたりの発生人数をエクセルで編集可能なcsv形式で指定しています(od.csv)
  • あらかじめ地図領域を複数のエリア(ex. 競技場周辺/原宿駅周辺/新宿御苑内...)に分割しておき、人の移動はエリア間の移動確率をcsv形式で指定することで表現されています(pattern.csv)
  • 人口密度に応じて移動速度が減少、滞留(停止)するといったオプションも指定可能です


  • S4 Simulation Systemではこのような人流シミュレーションを効率的に作成できるように、地図エディタ等の便利な機能やエージェント行動のフレームワーク 等を多数用意しています。

    お客様事例

  • 日本電信電話株式会社 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 様

  • インタビュー記事
    [PDF]

  • 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 富士通ソーシャル数理共同研究部門様
  • 国際線ターミナルの手続きにおける混雑シミュレーションを S4 Simulation Systemを用いて開発

    サンプルプログラム

    S4 Simulation Systemの人流シミュレーションのサンプルプログラムをダウンロードできます。
    その他サンプルプログラム一式をダウンロードするにはこちら