トップ > メールマガジン > バックナンバー

メールマガジン

バックナンバー ( 2020 Vol.2 ) 2020 年 11 月 13 日 発行




-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
  数理システム シミュレーションメールマガジン
                                       https://www.msi.co.jp/s4/
                           2020 Vol.2 ( 2020 年  11 月  13 日 発行 )
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

数理システム シミュレーションメールマガジンでは,汎用シミュレーショ
ンシステム S4 Simulation System やシミュレーションに関する最新技術や
ノウハウ、最新の情報を提供していきます.

++++ [目次] ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■ <トピック>  数理システムユーザーコンファレンス2020のご案内
 ■ <セミナー>  シミュレーションオンラインセミナー 開催中
 ■ <  tips  >  本当に誰でも読める!! Pythonソースコードの読み方講座
                (第2回) classにまつわるコードの読み方
 ■ <  tips  >  psim 言語講座
                (第2回) M/M/1 シミュレーションを読んでみる
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*****************************************************************
■ <トピック>  数理システムユーザーコンファレンス2020のご案内
*****************************************************************

毎年ご好評いただいております、数理システムユーザーコンファレンスを
今年は【オンライン】にて開催いたします。

[日時]
2020年11月19日(木)- 2020年11月20日(金) ※2日間開催

[参加費用]
無料

[詳細・お申込み]
特設サイトをご覧ください
 https://www.msi.co.jp/userconf/2020/lp/

S4 Simulation System ユーザのご講演者様をご紹介させて頂きます。

・株式会社荏原製作所 門脇 智雄 様
「S4シミュレータと強化学習を用いた計画のAuto Planning」

シミュレーションと強化学習を活用し、生産計画の自動最適化システムを
構築された事例についてお話いただきます。

・ライオン株式会社 山尾 ジキソン ヒデキ 様
「製造業におけるシミュレーターを活用した供給能力評価」

シミュレーションで供給能力を評価し、ボトルネックを解消。ライオン様
のSCM最適化に挑戦された事例をご紹介いただきます。

・AGC株式会社 尊田 嘉之様、中元 正司 様
「改善・革新活動におけるS4(Speedy・Simple・Smart・Simulation)」

シミュレーションのメリットや活用のポイントを交えながら、AGC様の国内、
海外の工場にシミュレーションを適用された事例をご紹介いただきます。

・筑波大学 ビジネスサイエンス系 倉橋 節也 様
「感染症と社会シミュレーション」

昨今の新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐための施策を、社会シミュレー
ションによって導かれました。その研究成果についてご紹介いただきます。

皆さまのご参加を心よりお待ち申しております。

                                                     (嶋田 佳明)

*****************************************************************
■ <セミナー>   シミュレーションオンラインセミナー 開催中
*****************************************************************

Zoomを使用したオンラインセミナーを開催しております。
実際にご自身の手で S4 Simulation System を操作しながら、シミュレ
ーションをご体験頂けるセミナーです。

事前にS4 Simualation Systemをインストールして頂いてから受講して頂
きます。セミナー用のライセンスはお貸出しいたします。
もちろん、聴講だけでもOKです。

【Webinar】S4 Simulation System 紹介セミナー

シミュレーションの入門的な解説や、実社会での活用事例もご紹介致し
ますので、シミュレーションに詳しくない方でも安心のセミナー内容と
なっています。

2020 年 12 月 11 日 (金) 

(詳細・お申し込み)
https://www.msi.co.jp/s4/seminar/webinarintro.html?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=202011&utm_term=1

                                                     (嶋田 佳明)

*****************************************************************
■  <  tips  > 本当に誰でも読める!! Pythonソースコードの読み方
講座(第2回) classにまつわるコードの読み方
*****************************************************************

Pythonソースコードの読み方講座(第2回)
classにまつわるコードの読み方

S4はPythonを用いて開発が行われていますが、ユーザ側でもPythonコード
を読み書きできることで実現できるシミュレーションの幅が大きく広がり
ます。
前回は、Pythonスクリプトを構成する要素(単語(変数=オブジェクト)と
( ) や. :  [ ] などの記号)を紹介し、それぞれの「読み方」を紹介し
ました。

2回目の今回はもう少し踏み込んで、Pythonで重要な概念である「class
(クラス)」に関わるソースコードについて、その読み方を紹介したいと
思います。

(記事はこちらからご参照ください)
https://www.msiism.jp/article/2-python-class.html

                                                      (豊岡 祥)

*****************************************************************
■  <  tips  > psim 言語講座  (第2回) M/M/1 シミュレーションを
読んでみる
*****************************************************************

前回、M/M/1 モデルを psim で構築し、実行してみました。

M/M/1 モデルとは、同時に 1 つのみ行えるサービスに対し、ランダムに
利用者が到着し、ランダムな時間サービスを利用するようなモデルの事でした。

今回は、そのコードの中身を詳しく読んで行こうと思います。

(記事はこちらからご参照ください)
https://www.msiism.jp/article/psim-2-mm1.html
                                               
                                                     (山本 晃成)