1.3 空間統計の歴史


空間統計は、いろいろな学問で必要に応じて開発されたデータ解析手法の総称である。これらの手法は古くから用いられてきたが、それらが一つの理論体系として記述されたのは1970年代から1980年代の間である。そして近年、空間統計が注目を集めるようになった背景には、計算機や計測機器の発達がある。空間統計で扱うような大規模なデータが蓄積され、また解析できるようになった為である。

(例)人口衛星による観測データ(画像)、CTスキャンによる画像(場合によっては3D)

次へ 戻る

ご意見、ご感想はNTTデータ数理システムS-PLUSグループ <splus-info@msi.co.jp>