トップ > 数理計画用語集 > ビッグデータ

数理計画用語集

ビッグデータ

読み:びっぐでーた
英名:Big Data
関連確率的勾配降下法

これまでのデータ処理システムではストレスなく扱うことができないほど巨大で複雑化したデータに対する俗称.多くの場合,少なくともテラバイトオーダー以上の規模のデータを指す.

モバイル端末の爆発的な普及や Hadoop に代表される分散処理システムの整備により,WEB サーバーのアクセスログ,SNS の投稿記事,モバイル端末の GPS データ,スマートメーターからの電力使用量報告など,多種多様なデータが日々蓄積されるようになり,ビッグデータは急増している.今後,この傾向は加速するものと見込まれている.

こうしたビッグデータには,巨大であるが故の新しい価値を含め,有益な情報が数多く眠っていると目されているものの,時としてそのデータは非構造的(テキスト,音声データ,画像データなど)であり,また,リアルタイムな処理を求められることも多く,ビッグデータから有益な知識を掘り出すためには,それに特化した高度な技術を必要とする.前述の Hadoop や,分散処理フレームワーク MapReduce の浸透により,データの集計などの単純な解析は少しずつ行えるようになってきており,より深い分析・解析が今後の課題である.