トップ > 製品概要 > NUOPT の更新情報 > NUOPT 7 の更新情報

NUOPT7の更新情報

NUOPT 7 の新機能等を紹介いたします。

  1. 制約充足アルゴリズム(wcsp)
  2. 大域的最適化機能(NUOPT/Global) 本機能は有償アドオンです
  3. GUI機能およびマニュアルの充実

1. 制約充足アルゴリズム(wcsp)

配車スケジューリング、人員配置、作業分担表作成、時間割作成など、現実の場面において何らかの「マス目を埋める」というタイプの計画を立てねばならないという機会は数多くあります。我々は安価で高性能な計算機環境を手にしていますが、計算機の力を十分に活かして計画業務を行うことができているでしょうか。計算機を利用しているといっても多くの場合、計画そのものは手作業や勘で行って、計算機はその作業の過程や結果を記録、印刷、あるいは送付するのみとなってしまうのが殆どではないでしょうか。

膨大なパワーを持つ計算機をより活用して、計画そのものを改善してみませんか。NUOPTの新機能である制約充足アルゴリズム(wcsp)を使えばそのような計画業務を計算機によって比較的簡便にかつ高速に行わせることができます。

この制約充足アルゴリズムは、実務的な要件を入れることによって複雑化した式にも適用することができます。整数変数のみからなる問題であれば制約式や目的関数の記述に制限はありません。NUOPT付属のモデリング言語SIMPLEの柔軟な記述性の良さを十分に活かすことができます。適当に制約式を並べてゆくと、相反して両立しない制約が現れるものですが、そのような場合でもこのアルゴリズムは制約をできるだけ満たす解を求めてくれます。レスポンスも早いので、制約式の追加や消去などを対話的、かつ柔軟にモデリングしてゆくという、ある意味贅沢な使い方も可能です。このアルゴリズムは京都大学「問題解決エンジン」グループの開発によるもので、汎用性と高速性において世界でもトップレベルにあります。

NUOPTを用いて、より高度な計画業務を行ってみませんか。付属のモデリング言語SIMPLEによる問題記述の具体例はこちらにあります。具体的なアプリケーションへの適用やモデル記述についてもご相談ください。

2. 大域的最適化機能(NUOPT/Global)

NUOPTには既に非線形最適化機能が備わっておりますが、解析的な性質が明らかでない非線形最適化問題に適用した場合、その出力は局所的最適解ではあっても大域的最適解であるという保証はありません。従って、例えば初期値を変更すると異なる解が出力されるなどの現象が起きます。また、整数変数を含む非線形最適化は行うことができません。

NUOPT/Globalは非線形計画問題を大域的に(厳密に)解きたいという要請に応えます。非線形計画問題が整数変数を含んでいても大丈夫。モデリング言語によって記述された式(例)を解釈し、自動的に凸緩和法を適用するので、最適解の上下限を知ることも可能です。

※大域的最適化アルゴリズムは LP/IP モジュール並びに NLP モジュールには対応しておりません。実行に際しては有償アドオン NUOPT/Global の別途購入が必要となります。
価格についてはこちらをご覧ください。

3. GUI機能およびマニュアルの充実

モデルとデータの結合を示すのみならず、入出力データの加工もビジュアルに示すことができるNUOPT GUIがブラッシュアップし、より高速で快適な操作感を実現しました。マニュアルのラインアップも刷新、PDFフォーマットにより配布しますので、検索も容易です。

NUOPT GUI機能の充実