トップ > 製品概要 > NUOPT の更新情報 > NUOPT 9 の更新情報

NUOPT9の更新情報

NUOPT 9 の新機能等を紹介いたします。

  1. 資源制約付きスケジューリングアルゴリズム(rcpsp)にリスケジューリング機能搭載
  2. 制約充足アルゴリズム(wcsp)の新機能 ペナルティの表示・「セミ・ハード」制約の追加
  3. 誤差関数の組み込み
  4. マニュアルの全面改訂
  5. 最新の開発環境への対応
<<お知らせ>>

  • 2007 年 1 月以降に
    • 新規に NUOPT 8 をご購入頂いた方
    • 旧バージョンからの有償バージョンアップのお申し込みを頂いた方
    は NUOPT 9 へ無償でバージョンアップ致します。

1. 資源制約付きスケジューリングアルゴリズム(rcpsp)にリスケジューリング機能搭載

メタヒューリスティクス解法の一つであるタブー・サーチを用いたエンジン rcpsp に新機能を搭載します。

それは「ある日突然人が来られなくなった」「機械が故障してしまった」などの突発的な 出来事にも対応出来る、リスケジューリング機能です。 また、初期値設定や、リスタート機能、ガントチャートのリスケジューリング対応等 の従来の機能もより増強致しました。より現実的なスケジューリングを お考えの方、これを機に導入を考えてみてはいかがでしょうか。

<<リスケジューリングイメージ図>>
リスケジューリングのイメージ

2. 制約充足アルゴリズム(wcsp)の新機能 ペナルティの表示・「セミ・ハード」制約の追加

wcsp による制約充足問題の求解結果において、解におけるペナルティ値を一覧表示する機能を搭載します。適切に定式化したつもりなのにハード制約が残ってしまう場合の強力なデバッグ手段となるほか、ソフト制約の重みの設定の調整においても役立ちます(出力例をご参照ください)。

また、制約種別に「セミ・ハード」が追加されました。これまではハード制約はすべて等価であったため、問題が実行不可能な場合には問題の根本的な制約を満たせない解が出力されてしまいました。 Ver.9 からは、実行不可能性を「押しつける」先を「セミ・ハード」制約として定義すれば、問題が実行不可能な場合でも、出力から有効な情報を得ることができます。

<<出力例>>


%%
%% WCSP_PENALTY 
%%
                 NAME         TYPE VALUE    BOUND AMOUNT WEIGHT PENALTY
F#   245 nurse.smp:314[6]     HARD    0 >= 1          1               
F#   432 nurse.smp:321[13]    HARD    0 >= 1          1               
F#  5281 nurse.smp:348[26,18] HARD    3 <= 2          1               
F#  9728 nurse.smp:366[18,28] S.HARD  2 <= 1          1               
F# 10161 nurse.smp:368[1,17]  S.HARD  2 <= 1          1               
F#     3 dayCons0[4]          SOFT    9 >= 10         1      1       1
F#     8 dayCons0[9]          SOFT    9 >= 10         1      1       1
F#    11 dayCons0[12]         SOFT    9 >= 10         1      1       1
F#    17 dayCons0[18]         SOFT    9 >= 10         1      1       1
F#  8170 nurse.smp:358[16,26] SOFT    3 <= 2          1     10      10
F#  8231 nurse.smp:361[2,13]  SOFT    0 == 10        10      1      10
F#  8235 nurse.smp:361[10,16] SOFT    0 == 10        10      1      10
F#  8305 nurse.smp:362[24,26] SOFT    0 == 10        10      1      10

3. 誤差関数の組み込み

かねてからご要望の多かったガウスの誤差関数 erf(x) を SIMPLE で扱えるよ うになりました。分布を仮定した判別分析や確率計画などの用途に役立ちます。

4. マニュアルの全面改訂

マニュアルの全面改訂を行います。

NUOPT/SIMPLE マニュアルは、ユーザー様からいただいた様々なご意見・ご要望を反映させ、 よりコンパクトで実用的なものに改訂します。また、 NUOPT/SIMPLE チュートリアル には、様々な数理計画モデルのサンプル例題を追加します。テンプレートや授業等に ご活用ください。

<<NUOPT/SIMPLE チュートリアルに含まれるサンプル例題一覧>>


  • 配合問題
  • 輸送問題
  • 多期間計画問題
  • ナップサック問題
  • 集合被覆問題
  • 最大流問題
  • 最小費用流問題
  • 多品種流問題
  • pメディアン問題
  • pセンター問題
  • 割り当て問題
  • 最小二乗問題
  • ポートフォリオ最適化問題
  • ジョブショップスケジューリング問題

5. 最新の開発環境への対応

最新の開発環境である Microsoft Visual Studio 2005(以下、VS2005)に対応します。 また、Windows XP x64 と VS2005 の組み合わせでは、64bit での開発が可能となり、 より大規模な問題にも対応できます。